スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -

一定期間更新がないため広告を表示しています


昨日、昔同じ科で働いてたナースの友だちから、久々に電話があったの。
今は老人病棟で働いてるみたい。
救命救急と病棟では、全然様子が違う。
救命は運ばれてきた患者は亡くなってしまうか、すぐ他の科へ移ってしまうし、
ナースの仕事も、緊急処置などの介助であることが多い。
病棟では、各患者さんと蜜に接することが出来る。
彼女のいる老人病棟では、わりと元気で大きな声でお話してるおばあちゃんもいれば、
要介護5で、自分では何も出来なくて、
介護してもらいながら施設へ入るのを待っている患者さんも大勢いるそうだ。
救命とは違う意味で、いろいろ大変そうだった。
友だちのことがちょっと心配。
なんて、そんなこと言ってられない。
後輩達には頼りにされる年齢だけど、私もまだまだ一人前だなんて言えないんだから。

ふぅっとため息をついてたら、
「あんまり思い詰めるなよ」
と、俊がコーヒーを淹れてくれた。
美味しかったな。


せっかくのお休みだというのに、朝起きたら体がだるい。
熱は微熱程度だけど、喉も痛いし、どうやら風邪をひいてしまったみたい。
しばらく休んで、病院に行きましょう。
俊には朝からすごく心配かけちゃったわ。
まぁ、このところ働き詰めだったから、今日はゆっくり休みましょう。

そういえば、今医局やナースの間で持ちきりなウワサの彼。
お見舞いに来る少し年上の彼女のことが好き見たいで、2人とも美男美女だからみんな面白がっちゃって。
そういう私も、ちょっと興味あるのよね。
それで、いきなり訊かれたんだけど、今の旦那さんとどうやって付き合いだしたんですか、だって。
正直に答えるのも恥ずかしくて、彼のほうから誘ってくれたのよ、って答えちゃったけど。
彼、彼女に告白するつもりかしら。
どうやら香坂先生も進藤先生も彼の質問攻めにあってるみたい。
香坂先生から相談のメールが来たわ。
自分の気持ちを正直に話したらいいのよ、って答えておいたけれど、
正直なところ、香坂先生の本音が聞きたいのは私も同じだわ。
進藤先生のこと、どう思ってるのかしら。

さぁ、そろそろ近くの病院に行こうかな。


昨日も日曜だというのに遅くまで仕事。
帰って家事やらなきゃって思ってたら、仕事を早く終えた俊が、夕ご飯を作ってくれていたの!
びっくりしたわ。
俊て、器用で、料理も私より上手いくらいなのよね。
何より嬉しかったのは、私のコトを気遣ってくれたこと。
ありがとう、俊。

さて、今日は月曜日だから、外来が込み合ってるわ。
外来当番は香坂先生だけど、さっき、外来室から怒鳴り声が聞こえてきたわ・・・。
「あなたそんなことじゃ一生治らないわよ!!」
香坂先生、また切れちゃったのね・・・。
香坂先生を切れさせそうな患者さんだったけど、予感は当たってしまったわ。
香坂先生は、普段はクールだけど実は熱い性格なのよね。
でも最近いいことがあったみたいで、ちょっと元気そう。
進藤先生と何かあったのかしら。
デートでもしたのかな?
あのふたりは、デートはするくせに肝心なことは誤魔化すんだから。
でも、そんな2人もちょっと素敵ね。
見守っていきましょう。


さっき、こっそり俊が作ったばかりの日記を見せてくれたの。
テンプレートは、私を意識したんですって・・・。
もう、俊たら!
こんなこと馬場先生にでも知れたら、またからかわれちゃうわ。
でも・・・嬉しい。
俊のそういうとこ、好きだわ。
俊に小鳥のさえずりなんて、ちょっと似合わないけれどね。

この前書いてた、香坂先生にちょっと似ている松雪泰子が、熱愛発覚ですって。
相手はカリスマドラマーだそうよ。
いくつになっても、恋は人をキレイにするものね。
私も、いつまでもときめきを忘れたくないわ。
もちろん、俊への・・・。


秋は紅葉もきれいだけど、10月のこの時期になるとキンモクセイの甘い香りが。
風に乗って、ふわりと香りが降ってくるの。
私はこの時期も大好き。
俊はどうかしら。
そういえば、とうとう俊も日記を始めるみたい。
どんなことを書くんでしょう。
気になるわ。

今日は香坂先生、元気がなかったみたい。
元気がなかったというよりは、イライラしてたといったほうが正解かしら・・・
イライラしてる中にも何か弱いものがぽろっと零れてしまいそうで、なんだか心配だわ。
何かあったの、ってメールしてみようかしら。
きっと正直には答えてくれないだろうけれど、
少しでも気持ちを軽くして上げられたらそれでいいわ。

そういえばこないだ、久しぶりの俊とのデートのときに「フラガール」を見にいったけれど、すごく良かったわ。
感動してたくさん泣いちゃって、俊に目がはれてるってからかわれたもの。
でも主演の松雪泰子って、ちょっと香坂先生に似てるのよね。
そう思うのは私だけかしら?

さて、もう一仕事。
頑張ろう。


こんにちは。港北医大救命救急センターのナース、山城紗江子です。
なんだか医局やナースの間で日記が流行っているようで、
桜井さんに勧められて、私も書いて見ることにしました。
俊もやろうかどうか迷ってるみたい。
でも、あの進藤先生までやってらっしゃるなんて、ちょっと意外。
そういえば桜井さんと馬場先生がおそろいの携帯ストラップをつけてたけれど、
どうやら香坂先生も持ってるらしいのよね。
私、香坂先生とはメル友で、ちょっとイロイロ相談に乗ってるから、
あの二人のこと気になるわ。
香坂先生はなかなか素直じゃないから、じれったいのよね。
でも、進藤先生のいうことだったら素直に聞くんじゃないかしら。
そういうかわいらしいところあるのよね。

今日は急患がいつもより多くて、大変だったわ。
かえってゆっくり休もう。


| 1/1PAGES |